HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>名前の由来

おぎゃー。

ふぁ~、眠い。
このド深夜に、ほかほかさんちの人々の名前の由来を大いに語りたいと思います。
明日早起きしてお友達とディトなのにぃー。自分のサジ加減だろー。


今回はプロフィールとは異なる、うちに来た順で紹介させていただきます。


勇魚 [いさな]…ファーストレディーという事もあって、物凄い考えたなー。姉と風呂に入りなが
           らもんもんと考えた覚えがあります。
           姉からの情報なんですけど、「イサ」ってスワヒリ語で「神の子」って意味がある
           言葉なんですって。京天使にぴったりではありませぬか。
           なので「イサ」の音を含んだ名前にしたいなーと思い、「勇魚」にしました。
           「勇魚」自体は鯨の古名なんですけどね。それもまた神々しいではありません
           か。地球上最大の哺乳動物(笑)


薫太 [くんた]…職場のお子さんの名前をまんま頂きました(笑)
           もちろん了承なんて得ませんよ(!)むしろこの名前を付けたいがために、小さい
           男の子を迎えたと言っても過言ではありません。
           薫太がきっかけで、子どもたちの「良い匂いつながり」が始まりました(笑)


柑子 [かんこ]…薫太と、音と字の含む意味を近いものにしたいと思い、こうなりました。
           私はオレンジの香りが大好きなのです。


唐子 [からこ]…今回は同じ女の子同士、柑子と近いものにと思いこうなりました。
           「良い匂いつながり」が苦しくなってきました(笑)かろうじて香辛料?みたいな?


蕗雪 [ふき]…Leaの可愛さを教えていただいたサイトさんの子が○きちゃんとおっしゃって、
          もう、Leaってゆーか○きちゃんが欲しい!って位に惚れ込んでいたので○き
          ちゃんのオーナー様に了承を得てつけた名前です。
          蕗は、香りが強くて私が大好きな山菜から。雪は、ふきたんがうちに来たのが、
          その年で唯一積雪があった日だったので当て字にしました。


初介 [ういすけ]…勇魚さんお迎え前からもう決めてました。もうはじめっから勇魚さんの旦那様
            はこの顔!!この名前!!って決まってました。
            「ウイスケ」ってウィスキーの語源でもあり、スペイン語で「水」って意味がある
            んです。確か(笑)
            音がもう大好きです。大黒柱にふさわしい名前だと思いません?


夢透 [むすく]…「良い匂いつながり」完結編(笑)
           私が愛用しているボディスプレーがホワイトムスクの香りなので即決でした。
           字は携帯で出たので可愛かったのでこれまた即決。あまり「夢」っていう字は
           付けたくなかったのですが、他の字が寂しすぎたり厳つ過ぎたりしたもんで。


殿 [との]…メガーネ!んちの飼い猫、そのままです。


知己 [ちき]…勇魚さんと初介さんの子では無い為、「良い匂いつながり」の呪縛からは逃れられ
         たのですが、範囲が広すぎて結構悩みました。
         テレ東のお宝を鑑定する軍団の番組を見ているとき、鑑定されてた掛け軸に
         「知己」って言葉が含まれていたのです。鑑定人が「非常に良い内容ですね」って
         おっしゃっていたのが気になり、意味を調べてみると、「自分の心や真価をよく
         知ってくれる人。親友。」って載ってたんです。
         私自身、日々たくさんの親友たちに助けられているので、なんて良い言葉なんだ!
         と、大いに感動したのでした。


汐 [うしお]…勇魚さんの弟にしようと決めてから、海関係の名前がいいなぁと考えてました。
         でも海の生き物だと大概色気の無い字になってしまうんですよねー。
         で色々考えて思いついたのが「うしお」
         ちっちゃい頃見ていた子ども番組のお姉さんが「潮」さんだったんですよ。
         んでおサルが「うしおおねーさん」と呼ぶのをメガーネ!は子どもながらに
         「なんで牛おねーさん」なんだろうと思ってたんです(笑)
         で、チビちゃんたちが「うしおにーちゃん」を「牛おにーちゃん」だと思ってたら
         可愛いなぁと思って、うしおになりました。
         字はこっちのほうがサッパリしているし、なんとなく「潮」のほうには
         エロスを感じてしまうので「汐」を選びました(笑)メガーネ!の変態性が明るみに。


凛子 [りんこ]…知己君が来てから、やっとこさ名付けました。
           女の子カスタムしたリンクと言う事で、「リン子さん、リン子さん」呼んでいたので
           他に浮かびませんでした(笑)


絆介 [はんすけ]…これまた知己君の為に悩みに悩んで付けました。
             初介さんの弟だから「介」は付けたいなぁと思い、色々音を考えつつ字を
             携帯で調べている時、私の目に飛び込んできたのが「絆」という字。
             個人的な理由でかなり思い入れの強い字でしたので、決まりました。


Cantarelle [カンタレーレ]…既に人ではないので(笑)漢字以外の名前がいいなぁと思い、
                   こうなりました。イタリア語で「大きな声で歌おう!」という意味が
                   あります。最高でしょ(笑)
                   カンタちゃんって呼ばせたいのもアリ。女の子なんですけど、
                   そういうのって可愛いと思いまして。


ハツ実 [はつみ]…知己君の妹という事で、ちょっとつながりを持たせようかなーと思いました。
            知己は親友って意味が含まれる言葉だったので、「ともだちともだち…」と
            悶々と考えてました。そのときパッと浮かんだのが、13年間続けていた茶道
            の先生(笑)もうすっごいおばあちゃんで、体調を崩されてお稽古は辞める事
            になってしまったんです。(今は元気ですよー!)で、先生が入院してる時、
            面会者名簿に続柄みたいなのを書く欄があるじゃないっすか。で、そこに
            友人って書いてたんですね。年の差70歳以上ですよ(笑)
            で、私の中で本当に大切な存在である先生からお名前を頂く事にしました。
            苗字と名前を巧い事混ぜてます。

親 [ちか]…ここの兄弟を名付けるときのテーマは『ともだち』と決めていたので、そこで色々
        考える事に。もう超ストレートに親友を反対にして友親[ともちか]にしようかなとも
        思ったのですが、某女性芸人さんが頭をよぎりました(笑)その芸人さんのことは
        すごい好きなんですけど、…やっぱねー(笑)と言う事で、縮めました。
        でも友親って名前も未だに捨てがたいので、いつか改名してるかもしれません!
                     てか、しました!!(笑)



鐘香 [bellga・ベルガ]…この名前は前オーナーのににこさんの命名をそのままいただきました。
                だってベルガちゃんだから好きなんだもの。ベルガちゃんだからうちに来て欲しい
               って思ったのー。
               でも、兄妹の仲で一人カタカナだけなのはかわいそうかなぁと思って、
               漢字は当て字で付けさせていただきました。
               でも可愛らしい声の持ち主であるベルガちゃんにはピッタリ♪

木蓮 [まぐ]…勇魚さんちの子は名前に香りを連想させなきゃ☆って思ってて、でも正直ネタ切れで(笑)
         いっそパフュームからとって「ふゆむ」って音にしようかと思ったくらい。
         でもバリバリ乙女ちゃんにしたかったのに女の子らしくないし、うーむ。
         って悩んでたのね。落札前に(笑)
         そんなころちょうど職場の近くの木蓮が満開で、控えめな爽やかな香りを振りまいてたの。
         私木蓮の香りも好きでねー。子どもと花びら拾っちゃーフガフガ嗅いでました。
         でも「もくれん」って名前はなんか悲壮感が漂ってる感じで(勝手なイメージ)イヤだったの。
         で、木蓮てたしか洋名がマグノリアだったなぁと思って(ちがったら恥ずかしい・笑)
         そのまま木蓮て字を「まぐ」って読ませてみました(笑)
         人形だし、当て字でいいべや!

爾芳 [にかお]…薫太も男兄弟いたほうが心強いかしら…という痛い妄想からうまれた爾芳。
          薫太の弟だから[二薫にかお]でいいかなって思ったんだけど、あんまりかな
          とも思って、音はにかおで字を考える事にしました。
          にっこりって意味がある爾の字がいいか、単純に弐にするか、薫の字にするか
          香にするか、芳にするか、携帯でいろいろ並び替えてみて、にっこりは捨てがたいな
          と思ったのと、字面が男の子っぽくなるように芳の字を選びました。
          そしたら絶対に一発では読めないような名前になっちゃった・・・。
          まぁお人形だし、いーべやー!

以上、結構名前には思い入れがあるもんですね。いろいろな方のサイトさんでも、名前の由来とかあると、ついつい見入ってしまいます。            


DSCN0558.jpg


ちょっとペアルックっぽくなっちゃいました。仲良しの同い年のいとこ同士。
ユウキチくん(柑ちゃんのダーリン)にヤキモチ焼かれちゃうよー♪
柑ちゃんが抱っこしているクマちゃんはユウキチくんに頂いたもので、柑ちゃんの宝物です。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hokahokazoku.blog71.fc2.com/tb.php/6-39e1c382

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。